第8回(2017年)

フォトコンテスト2017_01_岡部 孝彦

第8回となる今年の『ふなばし三番瀬海浜公園フォトコンテスト』は、三番瀬を含む「海浜公園」部門と「富士山」部門の二つの部門を設け、募集いたしました。関東近県から、海浜公園部門229点、富士山部門41点、合計270点の作品が寄せられました。審査は3月3日(金)に写真家 鈴木正美氏、船橋在住の作家 森沢明夫氏を迎えて行いました。(以下審査員のコメント)今年は、例年よりもかなり多くの作品が出品されました。しかも、画一的ではなく、工夫とバラエティに富んだ写真が増えたおかげで、選評がとても楽しかったです。芸術的な完成度の高いものから、ふとした一瞬を捉えた気軽なスナップまで、様々な方向性の作品を選ぶことができました。受賞作品を並べて鑑賞すれば、三番瀬の新しい魅力を発見できるのではないでしょうか。また、今年の7月には展望デッキや広場が新たにオープンしますので、これまでにない三番瀬の写真と出逢えることを楽しみにしています。