第9回(2018年)

第9回目となる今年の『ふなばし三番瀬海浜公園フォトコンテスト』は、三番瀬を含む「海浜公園」部門と「富士山」部門の二つの部門を設け、募集いたしました。関東近県から、海浜公園部門109点、富士山部門42点、合計151点の作品が寄せられました。審査は3月6日(火)に船橋在住の作家 森沢明夫氏、写真家 鈴木正美氏を迎えて行いました。(以下審査員のコメント)今年は応募数が少なめでしたが、全体に、いままでにないほど技術的なレベルが高く、とても難しい審査になりました。また、新しくなった公園の施設を、被写体として生かした作品が登場することで、よりいっそうコンテストの幅も広がったと思います。
とりわけ今回は、自然の光を強く意識した写真が多く、選ばれなかった作品たちもキラキラした良作に恵まれていました。

 

平成30年3月6日(火)
審査員 森沢明夫・鈴木正美