野鳥図鑑【解説】

アオサギ

アオサギ

解説

●留鳥(一年中観察できる鳥)
●コウノトリ目サギ科
●大きさ90~98cm

日本では一番大きいサギ。英名は「Grey Heron」=「灰色のサギ」の意味です。昔の日本では白でも黒でもない中間的な淡い色を青と称していたためアオサギと呼ばれたようです。浅瀬で静かに待って魚を捕食します。ときには、30cmほどもある魚を捕えて飲み込むのに四苦八苦している姿を見ることがあります。

三番瀬では、留鳥として1~数羽を観察することが出来ます。

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
■2018 -○-  ---  ○○○  ○○○  ○○○  ○○○
■2017 ○○- --- ○○- --- --- ○○- -○○ -○○ ○○○ ○○○ ○○○ ○○○
■2016 ○-○ --- --○ ○○○ ○○○ ○○- ○○○ ○○○ ○○○ ○○○ ○○○ ○○○
■2015 ○-- --- -○○ ○○○ ○○○ ○○○ ○○○ ○○○ ○○○ ○○○ ○○○ ○○-
■2014 --- --- -○- ○○○ ○○○ ○○○ ○○○ ○○○ ○○○ ○○○ ○○○ ○-○
■2013 --- --- -○- ○○○ ○○○ ○○- --○ -○○ ○○○ ○○○ ○○- ○--
■2012 ○○- --- ---