野鳥図鑑【解説】

イソヒヨドリ

イソヒヨドリ

解説

●留鳥(一年中観察できる鳥)
●スズメ目ツグミ科
●大きさ25.5cm

留鳥として海岸周辺の岩場や磯に生息していますが、最近では内陸の住宅地にも進出してきています。ヒヨドリに似ていることからイソヒヨドリの名が付けられました。♪ヒーヒョーヒリーなどと、非常に美しい、澄んだ鳴き声でさえずります。♂成鳥は、胸からお腹が赤く、それ以外が青い美しい姿をしています。

三番瀬では、たまに1~数羽を護岸上などで見かけることがあります。

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
■2018  --○  ---  ---  ---  ---  ---
■2017 --○ --- --- --- --- --- ---○ --- --- ○○- ---
■2016 --- --- --- --- --- --- --- --- --- ○△- --- ---
■2015 ○-- --- --- --- --- --- --- --- --- ○○- --- ---
■2014 ○○- --- --- --- --- --- --- --- --- ○-○ --- ---
■2013 ○○- --- --- --- --- --- --- --- ○-- --- --- ---
■2012 ○○- --- ---