野鳥図鑑【解説】

カワウ

カワウ

解説

●留鳥(一年中観察できる鳥)
●ペリカン目ウ科
●大きさ80~101cm

留鳥として日本各地に分布します。国内で記録のあるウ科の鳥はカワウ、ウミウ、ヒメウの3種で、どれも黒っぽい鳥で首が長く、嘴(くちばし)が細いです。巧みに潜水して魚を捕らえます。カワウはウミウとよく似ていますが、外見上の違いは,顔の露出した黄色い部分の形で、カワウは丸みがありますがウミウは三角形で尖っています。また、カワウの上面は褐色がかった黒色なのに対し、ウミウの上面は緑光沢がある黒色です。

三番瀬のやや沖合の浅瀬は、カワウの狩場になっていて、数百~数千羽のカワウが大群で狩りをするシーンは、壮観です。

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
■2018  ○○○  ○○○  ○○○  ○○○  ○○○  ○○○
■2017 ○○○ ○○○ ○○○ ○○○ -○○ ○○○ ○○○ ○○○ ○○○ ○○○ ○○○
■2016 ○○○ ○○○ ○○○ ○○○ ○○○ ○○○ ○○○ ○○○ ○○○ ○○○ ○○○ ○○○
■2015 ○○○ ○○○ ○○○ ○○○ ○○○ ○○○ ○○○ ○○○ ○○○ ○○○ ○○○ ○○○
■2014 ○○○ ○○○ ○○○ ○○○ ○○○ ○○○ ○○○ ○○○ ○○○ ○○○ ○○○ ○○○
■2013 ○○○ ○○○ ○○○ ○○○ ○○○ ○○○ ○○○ ○○○ ○○○ ○○○ ○○○ ○○○
■2012 --- --- ---