野鳥図鑑【解説】

コアジサシ

コアジサシ

解説

●夏鳥(夏に観察できる鳥)
●チドリ目カモメ科
●大きさ22~28cm

夏鳥として渡来します。白い体と黄色い嘴(くちばし)が特徴で、体型や広げた翼はほっそりとしています。海岸や砂浜、河川の中州などに集団で繁殖しますが、埋め立て地や河川の改修などで営巣地が減少しています。♪キリッ、キリッと独特の声で鳴きます。

三番瀬では、初夏(5月中旬)に渡来します。以前は周辺に営巣地があり、狩場として多くのコアジサシで賑わっていましたが、最近は周辺の営巣地が無くなってしまい、その数は減っています。秋の渡りの時期(8月中旬)には南の国へ渡る前に、数千羽のコアジサシがその年生まれの幼鳥を引き連れて大挙して集まります。干潟を雪が積もったように埋め尽くすシーンは圧巻です。

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
■2018  ---  ---  ---  ○○○  ○○○  ○○○
■2017 --- --- --- --○ ○○- --- ○○- ○○○ ○-- --- ---
■2016 --- --- --- --○ ○○○ ○○○ ○○- ○○○ ○-- --- --- ---
■2015 --- --- --- ○○○ ○○○ ○○○ ○○○ ○○○ ○-- --- --- ---
■2014 --- --- --- -○○ ○○○ ○○○ ○○○ ○○○ ○-- --- --- ---
■2013 --- --- --- ○○○ ○○○ ○○○ ○○○ ○○○ ○○○ ○○○ --- ---
■2012 ○○○ --- ---