野鳥図鑑【解説】

サルハマシギ

サルハマシギ

解説

●希な鳥(滅多に観察できない鳥)
●チドリ目シギ科
●大きさ18~23cm

数の少ない旅鳥として春と秋に渡来します。名前の由来は夏羽の赤色が猿の顔や尻を思わせることからとか。ハマシギとよく似ていますがサルハマシギは一回り大きく、嘴(くちばし)がより長く、曲り具合も大きいことが特徴ですが、識別には注意が必要です。

三番瀬では、数年に一度、主に1羽で観察されるかなり稀な種類です。

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
■2018  ---  ---  ---  ---  ---  ---
■2017
■2016
■2015 --- ---
■2014 --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- ---
■2013 --- --- --- --- --- --- --- --- --○ ○-- --- ---
■2012 --- --- ---