第10回(2019年)

第10回目となる今年の『ふなばし三番瀬海浜公園フォトコンテスト』は、三番瀬を含む「海浜公園」部門と「富士山」部門の二つの部門を設け、募集いたしました。関東近県から、海浜公園部門123点、富士山部門31点、合計154点の作品が寄せられました。審査は3月6日(水)に船橋在住の作家 森沢明夫氏、写真家 鈴木正美氏を迎えて行いました。(以下審査員のコメント)例年よりも、光と影のコントラストを生かした作品が多く、バラエティー感が出てきたと思いますが、逆に言うと、あまり作り込まずに撮る「日常的なスナップ写真」が少ない傾向があり、そこは若干、寂しいようにも思えました。とはいえ、撮り手の個性が生き生きと現れた「静」と「動」の風景が高いレベルで表現された作品が多く、全体的なレベルアップがはかられた気がしました。

 

平成31年3月6日(水)
審査員 森沢明夫・鈴木正美